利用案内 of 東洋英和女学院大学図書館

利用案内 [よくある質問]も参照してください

利用できる方  

利用資格

図書館は下記の方にご利用いただけます。

利用資格 利用申込
本学の学生、大学院生、科目等履修生等

特に必要ありません

教職員 

利用申込書をプリントアウトして、必要事項をご記入の上、図書館受付カウンターに提出してください。

利用申込書(教職員証をお持ちの方)[PDF]LinkIcon
利用者カード申込書(教職員証をお持ちでない方)[PDF]LinkIcon

横浜市内大学間単位互換制度による本学講義の受講生 図書館カウンターにて「単位互換履修生証」
を提示してください。
首都圏西部大学単位互換制度による本学講義の受講生(eラーニング受講生を除く 図書館カウンターにて「単位互換履修生証」
を提示してください。
生涯学習センター受講生 生涯学習センター受講生の方へ参照
卒業生・修了生 
卒業生・修了生の方へ参照 
元教職員の方 元教職員の方へ参照
その他館長が許可したもの 学外の方へ参照

大学図書館に入館する際は学生証、身分証明書、図書館利用者カードをお持ちください。

卒業生・修了生の方へ  

本学および旧短期大学の卒業生・修了生は図書・雑誌等の閲覧・複写、貸出(登録者のみ)*1、AVブースを利用できます。

以下のサービスはご利用いただけません。
・他の図書館への文献複写依頼(ただし、登録者は可)
・他の図書館への貸借依頼
・他の大学図書館への紹介状発行
・グループ学習室・リブロホールの利用
・資料購入希望申込
・電話によるレファレンス

*1 貴重書・雑誌・視聴覚資料など、貸出できない資料があります。返却が遅れた場合は、返却されるまで次の貸出はできません。資料を紛失・破損した場合は、原則として同一の資料を弁償していただきます。

利用手続

カウンターで 「図書館利用願」 にご記入ください。当日のみ有効です。

図書等の貸出を希望する場合

「図書館利用者カード」を発行します。利用者カード申込書に記入し、図書館カウンターにて登録してください。*2

期間
2週間
冊数
5冊
有効期限 その年度内 (3月31日まで)

*2 図書館利用者カードの発行は、登録申込の1週間後になります。

申込の際に必要なもの

・写真 :1ヵ月以内に撮影したもの (縦2.5cm × 横2.5cm)
*正面を向いた顔写真でご本人の顔がはっきり確認できるもの。カラー・白黒・スピード写真・プリクラも可。
・卒業証明書・修了証明書

更新手続きについて

年度ごとに更新手続きが必要です。利用者カード申込書・旧利用者カード・写真(コピーも可)をご提出ください。更新の際は卒業証明書・修了証明書は不要です。

Refworksの利用について

RefWorks(文献管理ツール)は卒業後もご利用いただいておりましたが、2016年3月末で契約を終了いたしました。

元教職員の方へ  

図書・雑誌等の閲覧・複写、貸出(大学名誉教授、登録した元教職員のみ)*1、AVブースを利用できます。
※貸出には登録が必要です。

以下のサービスはご利用いただけません。
・他の図書館への文献複写依頼 (ただし、登録者は可)
・他の図書館への貸借依頼
・他の大学図書館への紹介状発行 (ただし、名誉教授は可)
・グループ学習室・リブロホールの利用
・資料購入希望申込
・電話によるレファレンス

*1 貴重書・雑誌・視聴覚資料など、貸出できない資料があります。返却が遅れた場合は、返却されるまで次の貸出はできません。資料を紛失・破損した場合は、原則として同一の資料を弁償していただきます。

利用手続

入館時、カウンターで 「図書館利用願」 にご記入ください。当日のみ有効です。

図書等の貸出を希望する場合

大学名誉教授、元教職員(大学で5年以上勤務、または定年退職された元専任教職員)の方には「図書館利用者カード」を発行します。利用者カード申込書に記入し、図書館カウンターにて登録してください。*2

期間
1カ月
冊数
15冊
有効期限 その年度内 (3月31日まで)

*2 図書館利用者カードの発行は、登録申込の1週間後になります。

申込の際に必要なもの

・写真 :1ヵ月以内に撮影したもの (縦2.5cm × 横2.5cm)
・在職期間を証明する書類(名誉教授は不要)

更新手続きについて

年度ごとに更新手続きが必要です。利用者カード申込書・旧利用者カード・写真(コピーも可)をご提出ください。更新の際は在職期間を証明する書類は不要です。

生涯学習センター受講生の方へ  

図書・雑誌等の閲覧・複写、貸出(登録者のみ)*1、AVブースを利用できます。

以下のサービスはご利用いただけません。
・ 18歳未満の受講生のご利用
・ 他の図書館への文献複写依頼(ただし、登録者は可)
・ 他の図書館への貸借依頼
・ 他の大学図書館への紹介状発行
・ グループ学習室・リブロホールの利用
・ 資料購入希望申込
・ 電話によるレファレンス

*1 貴重書・雑誌・視聴覚資料など、貸出できない資料があります。返却が遅れた場合は、返却されるまで次の貸出はできません。資料を紛失・破損した場合は、原則として同一の資料を弁償していただきます。

利用手続

カウンターに受講証を提示し、手続をお取りください。

図書等の貸出を希望する場合

「図書館利用者カード」を発行します。利用者カード申込書に記入し、図書館カウンターにて登録してください。*2

期間
2週間
冊数
5冊
有効期限 その年度内 (3月31日まで)

*2 図書館利用者カードの発行は、登録申込の1週間後になります。

申込の際に必要なもの

・写真 :1ヵ月以内に撮影したもの (縦2.5cm × 横2.5cm)
・登録料:1000円分の証紙 (大学中央館の証紙券売機でお求めください)
・生涯学習センター受講証 (年度内有効のもの)

更新手続きについて

年度ごとに更新手続きが必要です。申込の際と同じ手続きをお取りください。

学外の方へ  

利用案内

*利用時間 開館時間内(8:50~20:00)
※休暇中の開館時間は変更することがあります。
*受付時間 9:00~18:00
*サービス内容
図書・雑誌等の閲覧、複写に限ります。

なお、以下のサービスは行っておりません。
・貸出
・グループ学習室の利用
・リブロホールの利用
・電話による所蔵調査等
・試験期(7月・1月)の利用は原則としてお断りいたします。

手続きについて

横浜市内大学コンソーシアム参加大学の方

入館時、カウンターに学生証あるいは大学発行の身分証明書を提示し手続をお取りください。ただし、学生の利用は女子に限ります。
LinkIcon横浜市内大学図書館コンソーシアムについて

神奈川県内大学図書館共通閲覧証をお持ちの方

入館時、カウンターに閲覧証および身分証明書(学生証など)を提示し、手続きをお取りください。ただし、学生の利用は女子に限ります。閲覧証の発行については、ご所属の大学図書館へお問い合わせください。
LinkIcon神奈川県図書館協会大学図書館協力委員会

他大学所属の方

来館される場合は、ご自分が所属されている機関の図書館・図書室等が発行した紹介状と身分証明書が必要です。ご利用になりたい資料がお決まりでしたら、まずご所属の図書館・図書室等を通して本学図書館の所蔵をご確認ください。

一般の方

*利用条件
・18歳以上であること
・ご利用になりたい資料名(書名や雑誌名など)が特定されていること
・その資料が県立を含めた公共図書館で所蔵されていないこと
・その資料を当館で所蔵していることを確認されていること
来館される場合は、ご自分がお住まいの公共図書館が発行した紹介状と身分証明書が必要です。ご利用になりたい資料がお決まりでしたら、まず公共図書館を通して本学の所蔵をご確認ください。

図書館担当者の方へ

  • 事前に必ずFAXでお問い合わせください。
  • お電話・FAXによるお問い合わせの受付時間は9:00−17:30となります。この時間外でのお問い合わせにつきましては翌日のご回答とさせて頂きます。
  • お問い合わせ頂いた当日のご利用はお断りする場合があります。翌日以降のご利用をお願い致します。


各種サービス  

貸出・返却  

本を借りるときは学生証(身分証明書)または図書館利用者カードを添えてカウンターに提出してください。
借りることのできる資料、冊数、貸出期間は下記のとおりです。

所属 資料 冊数 貸出期間 延長

1~3年生
一般図書
CD・カセット
10冊
2週間 1回可

製本雑誌

1週間 不可
4年生
一般図書
CD・カセット
15冊
1ヶ月 1回可

製本雑誌

1週間
不可
横浜市内単位互換受講生
首都圏西部大学単位互換受講生
科目等履修生
プログラム履修生
一般図書
CD・カセット
10冊
2週間
1回可
製本雑誌
1週間
不可
大学院生

一般図書
CD・カセット
 20冊
2ヶ月
1回可

製本雑誌

1週間
不可
教職員 一般図書
CD・カセット
50冊
3ヶ月 1回可

製本雑誌

1週間 不可
卒業生・修了生
生涯学習センター受講生
※貸出には登録が必要です
一般図書
CD・カセット
5冊 2週間 1回可

製本雑誌

不可 不可 不可
元教職員 一般図書
CD・カセット
15冊 1ヶ月 1回可
製本雑誌 不可 不可 不可
博士後期課程単位修得後退学者 一般図書
CD・カセット
15冊 1ヶ月 1回可

製本雑誌

不可 不可

※貸出は閉館15分前まで行います。
※辞典類(参考図書)、未製本の新着雑誌、ビデオ、貴重書などは貸出できません。ただし著作権処理済のDVD、ビデオのみ1週間貸出します。著作権処理がされていない視聴覚資料、参考図書などを先生方が授業で使用される場合は、授業時間のみの貸出を行います。当日の授業開始前か、前日の15時以降に手続きをお取りください。

貸出期間の延長

貸出期間の延長は1回だけ更新することができます。マイライブラリから手続きができます。ただし、返却期日を過ぎていたり、他の人が予約しているときは更新できません。製本雑誌、DVD・ビデオ(貸出可1週間)、リザーブ図書は更新できません。
※電話・メールによる更新手続は行っておりません。ただし、返却期日が教育実習中または保育実習中にあたる場合、実習終了後に返却できるよう手続きすることが可能です。返却期日までに、学籍番号、氏名、借りている本の資料ID、実習名、実習終了日をメールでご連絡下さい。(連絡先メールアドレス:libweb★toyoeiwa.ac.jp ★を@に変えて下さい)

予約  

ほかの人が借りている資料をつぎに借りたいときは、貸出中の図書が返却されしだい自分が借りられるように予約することができます。また、学部生は大学院図書室にある資料を、院生は大学図書館にある資料を取り寄せることができます。OPACから予約の申し込みができますので、学内LANのアカウントまたは利用者登録の際にお渡ししたログインIDとパスワードでログインして申し込んでください。貸出準備のできた資料は2週間カウンターに取り置きます。
予約方法の分からない方は「OPAC使い方ガイド:図書予約の巻[PDF]LinkIcon」をご覧下さい。
LinkIcon蔵書検索(OPAC)

返却

返却するときは、借りていた資料をカウンターに置いて下さい。図書館が閉館しているときは、図書館入口の返却ポストに入れてください。ただし、視聴覚資料は破損しやすいため、必ずカウンターに返却してください。
※図書館内の返却台に本を置いたり、自分で書架に戻すだけでは、返却されたことになりません。

延滞罰則

返却期日までに返却しないと、延滞となります。延滞中は貸出及び貸出延長、予約、大学大学院間の取り寄せ申し込みができません。 また、延滞した資料をすべて返却した後、ペナルティとして以下のとおり貸出停止になります。

 







所属 貸出停止期間
学部生(科目等履修生・単位互換生を含む)
遅れた日数分
教職員・大学院生(科目等履修生等を含む)
返却当日
卒業生・修了生・元教職員・生涯学習センター受講生
博士後期課程単位修得後退学者
返却当日

紛失・破損

図書館から借りた資料を破損または紛失した場合は、カウンターに届け出て下さい。原則として同じ資料を弁償していただきます。届出がないと、いつまでも延滞の状態のままで図書館の資料が借りられなくなってしまいます。

パソコン・iPadの利用  

図書館では館内貸出用のノートパソコン5台・iPad8台・ヘッドフォンを用意しています。
利用する場合は申込書に記入してカウンターに申し出てください。利用できるのは本学学生・院生・本学教職員に限ります。1回の利用は原則2時間以内です。持ち込みのパソコンおよび図書館の館内貸出用のパソコンは、2階以外で利用することができます。2階は特に静かに利用するためにサイレントスペースとしていますので、パソコン, iPadを含む電子機器は利用できません。
図書館内には無線LANのアクセスポイントも設置してあります。電源コンセントを使用する場合は2階以外のフロアをご利用ください。

大学院図書室の利用  

本学学生・教職員は六本木にある大学院図書室を利用できます。学部生は必ず学生証を携行し、大学院図書室のある本部・大学院棟の入口受付と、大学院図書室カウンターに提示してください。
大学図書館、大学院図書室の所蔵資料はOPACの予約ボタンを利用することで相互に取り寄せることができます。返却はどちらの図書館でも受け付けます。
貸出ができない参考図書、DVD、未製本雑誌などは利用希望日に合わせて取り寄せることもできますので、カウンターにお申し出ください。

レファレンス  

図書館の利用法、検索端末の操作方法、文献の探し方など分からないことがある時はレファレンスカウンターにご相談ください。

クイックガイドはこちらにあります。どうぞご利用ください。

※電話による所蔵調査は行っておりません。

図書館間相互協力(ILL)  

探している資料が本学図書館で所蔵していない場合、他機関から資料を入手することができます。

  • 貸借依頼(他の図書館から資料を借受ける)

         ※教職員・院生はマイライブラリから申込みができます。

※貸借・複写依頼の送料および手数料は利用者負担になります。領収証は発行できませんので、あらかじめご了承ください。
※他の図書館から借り受けた資料は図書館内での閲覧のみです。家に持ち帰ることはできません。

他大学図書館の利用  

探している資料が本学図書館で所蔵していない場合、他の大学図書館を訪問して利用することができます。館内利用のみで貸出はできません。

  • 横浜市内大学図書館コンソーシアム加盟館
  • 神奈川県図書館協会大学図書館協力委員会
  • 上記以外の大学図書館
    • 事前の問い合わせと紹介状の発行が必要となります。お申込みから紹介状の発行までに時間がかかりますので、余裕を持ってお申込みください。
    • 申込用紙ダウンロードLinkIcon

その他のサービス  

  • 購入希望
    • 本学の学部生・大学院生・教職員は資料の購入希望を出すことができます。図書館で購入してほしい図書や雑誌がありましたらマイライブラリから申し込むことができます。教職員は選書資料または資料が特定できるものをご提出いただいても結構です。
  • 新着図書
    • 1階入館ゲート近くの新着図書棚には、新しく入った図書を展示しております。こちらの本も貸出できます
  • 展示ケース
    • 1階エントランスホールでは年2回、所蔵資料を中心に展示を行っています
  • ミニ展示
    • 1階レファレンスカウンター前でテーマに沿った展示を随時行っています。
  • 図書館だより
    • 教員のエッセイ、資料紹介、開館日カレンダーなどを掲載し、年4回発行しています。図書館入口に置いてありますので、ご自由にお持ちください。
  • メールマガジン
    • 年6回図書館からの情報を発信しています。
  • 投書箱「声」
    • 図書館への提言、要望などをお寄せください。具体的かつ建設的なご意見を歓迎します。投書箱は1階雑誌コーナー奥にあります。

オリエンテーション  

図書館を有効に活用してもらうため、図書館の使い方、館内ツアー、OPACや各種データベースの使い方など様々なオリエンテーションを開催しています。1名から申し込むことができます。

図書館の使い方(20分)

東洋英和の図書館の使い方について全般的な説明。

図書館ツアー(20分)

実際に図書館内を歩きながら、資料の配置について案内。

OPAC(蔵書検索)の使い方(20分)

図書、雑誌の探し方。便利機能「マイライブラリ」の操作方法の説明。

レファレンスブックスの使い方(20分)

レファレンスブックスの種類・テーマ別の主なレファレンスブックスについて紹介。

各種データベースの使い方(各20分)

新聞記事 朝日新聞 聞蔵Ⅱビジュアル / 読売新聞 ヨミダス文書館 / 毎日新聞 毎索 / Newspaper Source Plus ... など
日本語文献 CiNii / 医中誌Web ... など
海外文献 Academic Search Premier / JSTOR / PsycINFO ... など

主題検索(30分)

特定のテーマでレポート/ 論文を書く際の情報収集についてナビゲート。

希望日の1週間前までに図書館カウンターにお申し込みください。
図書館オリエンテーション申込書LinkIcon


フレッシュマンセミナー、ゼミオリエンテーション等、授業を利用したオリエンテーションもお受けいたします。詳しくは図書館カウンターまでお問い合わせください。

各種用紙ダウンロード  

プリントアウトしてご記入の上、大学図書館あるいは大学院図書室カウンターまでお持ちください。
*電子メールでの申し込みもできます。

申込書名
PDF形式 Word形式
* 学外文献複写申込書(マイライブラリからも申し込みができます) PDF Word
* 学外資料借用申込書
PDF
Word
* 紹介状発行申込書 PDF Word 
* 図書館オリエンテーション申込書(大学のみ) PDF Word 
* ゼミ選書ツアー申込書(教員のみ)
PDF Word
* リザーブ図書指定申込書(教員のみ) PDF  Word
*高額図書購入申込書(教員のみ) PDF  Word
* 利用申込書(教職員証をお持ちの方) PDF Word
利用者カード申込書 (教職員証をお持ちでない方) PDF Word
利用者カード申込書(生涯学習センター受講生用) PDF Word
利用者カード申込書(卒業生・修了生用) PDF Word
利用者カード申込書(博士後期課程退学者用) PDF Word
利用者カード申込書(元教職員用) PDF
Word
利用者カード申込書(名誉教授用) PDF  Word
ブックレビュー投稿用紙 PDF Word
リポジトリ コンテンツ登録申請書 PDF Word

施設・設備  

施設・設備  

図書館は、総床面積約5,422㎡、座席数454席、資料収容能力は31万冊にも及びます。明るく開放的な閲覧室のほか、少人数で利用できるグループ学習室も設置。DVDやCDの鑑賞コーナーもあります。

グループ学習室

P1020588.JPG地下1階と2階にあります。グループで相談しながら勉強するための部屋です。2名以上、最大22名利用可能です。一番大きいグループ学習室2には組み合わせのできる可動式テーブルと椅子、電子黒板、プリンターが設置してあります。
ラーニングコモンズ(注)としてグループ学習に、またゼミや図書館主催のガイダンスにも利用できます。必要に応じてiPadやノートパソコンの貸出もいたします。
利用したい方は、グループ学習室利用票に記入してカウンターに申し出てください。
1回原則2時間以内、閉館15分前まで利用できます。予約する場合は、学生は2週間前、教職員は1か月前から受け付けます。継続予約は3回までです。

注:ラーニングコモンズとは複数の学生が集まって、グループワークやディスカッションをすることのできるスペースです。電子黒板等の機器が備わっており、多様な学習が可能です。今後はスペースだけではなく学習支援サービスが展開できるように進めていきたいと思います。


ラーニングルーム

groupwork.JPG地下1階にあります。こちらは複数のグループが共同で利用するスペースです。利用の申し込みは不要ですので、自由に利用してください。
可動式テーブルと椅子がありますので、人数によって自由に組み合わせて利用することができます。グループワークに利用できるように、大型ディスプレイとノートパソコンを設置してありますので、プレゼンテーションの練習や、視聴覚資料の視聴も可能です。
貸切で利用する場合は前日までに申し込みが必要です。カウンターに申し出てください。


メディアルーム、AVブース(オーディオブース・ビデオブース)

dai_tosyokan_ph03.jpg地下2階にあります。ブルーレイディスク・DVD・VHSビデオを見ることができるブースは個人席6席、 2人席を2つ、3人席を1つ用意しています。カセットテープ・CD・MDを聴くことができるブースは4席あります。
利用したい方は、AVブース利用票に記入してカウンターに申し出てください。指定された番号のブースで、1回原則2時間以内、 閉館20分前まで視聴することができます。※録音録画はできません。予約する場合は1週間前から受け付けます。


コピー

dai_tosyokan_ph04.jpg1階と地下2階にコイン式のコピー機があります。白黒コピーは1枚10円、カラーコピーは30円です。図書館が所蔵する資料に限って、著作権法の認める範囲内で コピーすることができます。必ず文献複写申込書に記入の上、コピーしてください。1階のコピー機は閉館15分前まで利用できます。
※なお、雑誌や新聞の最新号は権利者の許諾なしにコピーすることはできません


レポート用パソコン

dai_tosyokan_ph05.jpg地下1階のアルファウィングと1階のパソコンコーナーにノートパソコンと共有プリンタがあります。学内LANのアカウントをお持ちの方はマイクロソフトOfficeを使ってレポートを作成したり、大学の印刷枚数上限の範囲で印刷することができます。ノートパソコンの利用は閉館15分前までです。


研究個室

dai_tosyokan_ph06.jpg地下1階アルファウィングにあります。1回原則2時間以内、 閉館15分前まで利用できます。
利用したい方はカウンターに申し出てください。


リブロホール

dai_tosyokan_ph07.jpg地下2階にあります。図書館オリエンテーションや情報検索の利用指導を目的として設計された60人収容可能なホールです。 ビデオ・DVDなどの再生も可能です。
利用は当館規定によります。まずは、カウンターへご相談ください。
申し込みは本学教職員に限ります。カウンターに申し出るか、メールまたはお電話でご連絡ください。

フロアガイド  

※階数をクリックするとフロアマップ画像が表示されます。

書架 資料 施設・設備
2F 一般書架
一般図書
(NDC分類 100-299, 400-799) 
グループ学習室
マイクロ資料室
その他 児童図書(K)、絵本(E)、楽譜、
紙芝居・聖画、マイクロ資料(MC)
1F 参考書架
参考図書、リザーブ図書、ゼミ選書、
岩波新書、岩波ジュニア新書

パソコンコーナー
コピー機
壁面書架 一般図書(NDC分類 070-099)
東洋文庫、LOEB
その他
新着雑誌、新着週刊誌、新聞、リーダー
B1F 一般書架 一般図書(NDC分類 300-399)  グループ学習室
ラーニングルーム
研究個室
パソコンコーナー
アルファ
ウィング
Foreign Relations of the U.S.
B2F 電動書架 一般図書(NDC分類 800-999)、
雑誌バックナンバー、紀要、
新聞縮刷版、学院刊行物
メディアルーム
リブロホール
コピー機
壁面書架 一般図書(NDC分類 000-069)、
文庫本(文学)、語学検定問題集
その他 ブルーレイディスク・DVD・ビデオ・CD・カセットテープなど

東洋英和女学院大学図書館について