Eiwa Library News No.3 of 東洋英和女学院大学図書館

Eiwa Library News

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ☆☆☆ Eiwa Library News No.3 2012.10.19

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★いよいよ秋が深まってきました。秋には、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋など
いろいろな楽しみ方がありますね。ぜひ秋の夜長を有意義に過ごしてください。
来月の2日(金)、3日(土)に開催される「かえで祭」の期間中、図書館は1階フロアのみ開放いたします。
文芸誌『BookClub』も配布予定ですので、ぜひご来館ください。

 ■ No.3 のコンテンツ ■
 [1] 最新ニュース
 [2] 新しく入った本
 [3] 9月の学科・学年別貸出統計
 [4] 図書館総合展のご案内

================================================================

[1] 最新ニュース

◇中沢けい氏(法政大学日本文学科教授)の講演会が開催されました。

図書館とメディア・コミュニケーション研究所共催「活字の世界を楽しむ」連続講演会の
第1回目として、10月18日(木)に、作家中沢けい氏から『書籍は情報ではない』と題し
た講演をしていただきました。
書籍(文芸作品)と情報の違いを、本に携わっている作家ならではの視点からお話し
いただき、「書籍」に対する興味が、より深くなった方も多かったのではないでしょうか。
詳しい内容は、近日中に「図書館だより」へ掲載しますので、どうぞお楽しみに。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 ◇展示コーナーが2ヶ所同時にリニューアル!

エントランスの展示ケースでは「黎明期の女性雑誌」をテーマに
本学図書館所蔵の明治・大正期の女性雑誌復刻版を展示しています。
日本最初の女性雑誌は明治17年「女學新誌」といわれています。
明治になり、服装、化粧などのおしゃれに女性が目覚め、また女子教育が普及するとと
もに女性を読者とする雑誌の刊行が始まりました。
女性の権利や意識を覚醒させる意図を持った啓蒙雑誌や、文芸誌、家事や育児の家庭雑誌など
多くの女性誌が生まれては短期間で消えていきました。
雑誌記事を読むことで当時の女性自身または女性に対する世の中の価値観を知ること
が出来ます。
また表紙や広告文を眺めるだけでも明治・大正時代の文化・世相が感じられて、雑誌っ
て面白いです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

カウンター前の展示コーナーでは、8月に開催した学生選書ツアーで
購入した図書を展示しています。
『先生、シマリスがヘビのあたまをかじっています!』といった、印象的なタイトルの
人間動物行動学の本(シリーズで揃っています)や、「箱」級の厚みがある小説、
『就職活動がまるごと分かる本』等など、さまざまなジャンルの本が入りました。
ぜひ、展示コーナーにお立ち寄りください。一部DVDを除き、貸出可能です。
英和生&図書館スタッフ手作りのPOPや帯で、本を紹介していますので
そちらも併せてご覧いただけたらと思います。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 ◇ゼミ選書コーナーのご案内
図書館1Fのゼミ選書コーナーには、小寺先生、池田(明)先生、与那覇先生のゼミ生が
選書した本を並べています。
該当ゼミ以外の方も借りることが出来ますので、ぜひご覧ください。
ゼミ選書コーナーは、棚番号21(階段の手前を右に曲がったところ)にあります。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 [2] 新しく入った本(最近1か月)

横井惠子著「ブランドネーム誕生物語」
福与弘己著「就活のリアル : いまどき就活の歩き方」
清水玲奈著「世界の夢の本屋さん 2」
小野不由美著 「屍鬼」 ほか

一覧はこちらから見られます↓
http://goo.gl/H09K9

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 [3] 9月の学科・学年別貸出統計

 ◇9月の1人当たり貸出冊数ベスト3
  1位 保育子ども3年  1人当たり0.84冊
  2位 人間科学科3年  1人当たり0.67冊
  3位 人間科学科1年  1人当たり0.66冊

僅差のなか、1位は保育子ども3年でした!

全学科・学年の統計はこちら↓

http://libweb.toyoeiwa.ac.jp/lib/_document/statistics/circulation.pdf
http://libweb.toyoeiwa.ac.jp/lib/_document/statistics/circulation_class.pdf
http://libweb.toyoeiwa.ac.jp/lib/_document/statistics/visitor.pdf

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 [4] 図書館総合展のご案内

“図書館総合展”という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいますか?
図書館界における年に一度の大イベントで、14回目を迎える今年は
11月20日(火)から22日(木)にかけて、パシフィコ横浜で開催されます。

図書館総合展とは、主催者の説明によると次のとおりです。

「図書館を使う人、図書館で働く人、図書館に関わる仕事をしている人達が、
“図書館の今後”について考え、「新たなパートナーシップ」を築いていく場です。
当日会場では、図書館にまつわる様々なフォーラムやプレゼンテーション、
多様な団体によるポスターセッション、そして企業による最新の技術や
動向が伺えるブース出展など、様々な企画が行われます。」

3日間泊まりがけで参加する方も珍しくないくらい、全国から図書館関係者が集まりま 
す。図書館に興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがですか?
入場無料で、誰でも入れます。
120社を越える企業がブース出展予定ですので、見て周るだけでも参考になりますよ。
就活フェアでは見られない企業の一面が発見できるかも知れません。
(図書館スタッフも毎年見学していますが、年々学生の姿が増えている印象がありま 
す。)

詳しくはこちらをご覧ください。各種企画のタイムスケジュールも掲載されています。
第14回図書館総合展HP
http://2012.libraryfair.jp/


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ■ Eiwa Library Newsは本学教職員、学生に送信しています。
それ以外の方でメールマガジンの配信をご希望の方は、以下のアドレスからお申込みく
ださい。
libweb@toyoeiwa.ac.jp

 ■ ご意見・ご感想をお寄せ下さい→ libweb@toyoeiwa.ac.jp

 ■ 発行元 : 東洋英和女学院大学図書館
       〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町32
       (TEL) 045-922-0301  (FAX) 045-921-7815
       (E-Mail) libweb@toyoeiwa.ac.jp

 ■ 発行日 : 2012年10月19日

 ■ 転載を希望される方はご連絡ください。
copyright (c) Toyo Eiwa University Library, All Rights Reserved.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++